クレジットカードサラ金広告などの注意点

クレジットカード

サラ金
広告などの注意点


ヤミ金や保証金・貸します詐欺など悪徳業者が作成した広告やチラシなどで、

「当社ご利用の方にはコンビニATMで
  引き出せる(借りられる)キャッシングカードを発行します」や、


VISAなどのクレジットブランドのロゴマーク・意匠を合成して「当社ご利用の方にクレジットカードを発行します」

などと宣伝する所も多いが、明らかにガセであるため充分注意されたい。
(※注)

なお国際クレジットブランド意匠の侵害でも有る為か、

明らかに騙す為なのか定かではないが

     「VIZA」

      などと表記する業者もある。


※実際に使えるキャッシングカードを発行している
 中規模の消費者金融も幾つかある。

クレジットカードサラ金専業会社発行

クレジットカード

サラ金
専業会社発行のMasterCardについて

MasterCardの加盟店開拓・発行権(プリンシパルメンバー)を保有する会社は、

自社でMasterCardの発行とMasterCard加盟店の開拓を行う事が出来るが、

個人経営などの小規模な店舗を中心に積極的に加盟店開拓を行っているのは
武富士のみで、それ以外の会社はカードの発行と会員管理を中心に展開している。

一方、日本でのMasterCardに限って、
カード所持者(ホルダー)の発行会社と加盟店が契約している

クレジットカード・信販会社(アクワイヤー)との組み合わせによっては

CAT端末でカードを識別出来ずに、
昔ながらの複写式伝票とインプリンタを用いたり、
電話で承認を行うなどの事が稀にあるが、

特に消費者金融が発行するMasterCardは発行枚数や
実績などが多くない為か、それに遭遇し易い様である。

クレジットカードサラ金カード提携先

クレジットカード

サラ金
カード提携先

1990年代になると、
消費者金融と信販会社のCD間で相互にカード利用提携が盛んに行われ、

1990年代後半、特に2000年の銀行系消費者金融の参入によって

銀行・信用金庫などの金融機関でのATM、

近年はゆうちょATMやコンビニATM、VIEW ALTTEなどの

ステーションATMでも利用出来るように広がっている。



それまで自分の発行会社でしか利用できなかったカードが、

銀行やコンビニ・郵便局・駅のATMなどでキャッシュカード感覚で

手軽に引き出す事が出来るようになり、

サラ金に出入りすることに抵抗感を持つ層(主に若者や女性)の

呼び込みに成功するものの、自分の預金・資産と錯覚してしまう事で、
自己の返済能力を超える借入に陥りやすい事も懸念されている。
(→クレサラ問題)

クレジットカードサラ金カード

クレジットカード

サラ金カード

サラ金カード(さらきんかーど)とは、

ここでは「消費者金融」(通称「サラ金」)に分類されている会社が、
その利用客に発行している融資カードのことを指す。

1970年に銀行等でCDの設置が浸透し始めたことから、

同時期にマルイト(現アコム)や
信販会社(→ローンカード)が、1980年代には専業会社が次々にCDの設置
とキャッシングカード開始した。

これにより、借入の都度店頭窓口に出向く手間が省けるようになる他、
1990年代に登場した自動契約機とCD・返済も受け付けるATMとの2点セットで、
消費者金融全体の無人店舗の大量出店にも繋ることとなる。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。