クレジットカード、消費者金融

クレジットカード

消費者金融

消費者金融(しょうひしゃきんゆう)とは、

貸金業の内、消費者への金銭の貸付け、又はこれを行う業者である。


出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律に基づく

範囲内の金利で貸し付けるもの(最高年利29.2%、ただし閏年は

最高年利29.28%。)と、

これ以上の金利で貸し付けるもの(いわゆる闇金融)がある。続きを読む

クレジットカードサラ金クレジットカード

クレジットカード

サラ金
クレジットカード

近年ではJCB・MasterCardのクレジットカード機能が付加されたカードの発行を行っている大手専業会社もある。

クレジットカードとして日常のショッピングや公共料金などの支払いに使える他、海外のショッピングや提携CDを用いたキャッシングに活用出来る。

また、定職に就いている者(或いは、先の扶養者)や学生でないと、
銀行系カード会社等では書類上で判断するためクレジットカードの発行が難しいとされるが、

この消費者金融のクレジットカードは対面与信要素が有るので、
フリーターでも継続的な収入があれば発行され易い様である。

文頭の様にキャッシングカードにクレジットのショッピング機能を付けたという印象が濃く、

キャッシング利用枠の他にショッピングの利用枠を付加したり、

キャッシング利用枠の中にショッピングの利用枠を付けるなど、

あくまでキャッシング利用主体の様である。



また、支払い方法がリボルビング払い専用の場合は、

消費者金融の借入と同じく指定の約定弁済(返済)日までに
ミニマムペイメント(最低支払額)以上をカード発行元の消費者金融の
ATMや窓口で入金、または振込・口座引落するとその月の支払は完了する。


ジェーシービーの「アルバラ」などのリボルビング払い専用カードと同じく、ミニマムペイメントだけ支払い、
残高があれば余裕資金を都度返済することが可能である。

ちなみに、
消費者金融で初めてプリンシパルメンバー(MasterCard)獲得と
クレジットカードの発行を始めたのはアコムで、
発行が開始されたのは1999年4月からである。


なお、VISAブランドのカードを発行しているサラ金は現在のところ無い。

(※レイクを展開するGEコンシューマー・ファイナンスは、別事業でGE(VISA/JCB)カードを発行しているためここでは除外する。)

主な発行会社についてはクレジットカード (日本)を参照の事。

クレジットカード(Credit card)紛失したら

高利回りの短期運用が可能な場合、

クレジットカードで買い物した代金の決済日まで運用し、
運用益を稼ぐ事も出来、日本ではバブル崩壊期まで財テクの一つであった。


クレジットカードを紛失したら

盗難や紛失などの場合は、発行のクレジットカード会社へ
連絡すれば利用が停止され、被害の発生を最小限に押さえることができる。

クレジットカード(Credit card)3

クレジットカード会社が、会員を信用 (credit) するという意味で

「クレジット」と名付けられている。

会員(カードホルダー)になると、
決済(先延ばし払い)以外にも特典がつくことが多い。

例えば、利用実績に応じたポイントサービス(後で景品等と交換)、
旅行保険、チケットの優待販売などである。

また、
海外渡航の際は身分証明の一つとして高い信用(支払)
能力を得られる場合もある
(現金払いの場合は支払能力の証明にデポジット―保証金の前納を要求するホテルが一部にある)。

クレジットカード(Credit card)

クレジットカード(Credit card)とは、

商品を購入する際の決済(支払)手段の一つ。

又は、

契約者の番号その他が記載され、及び記録されたカード型の証票等である。

クレジットカード(Credit card)その2

クレジットカードは、

磁気によるものと ICによるものがある。

クレジットカードの利用できる加盟店で

商品の購入に際しクレジットカードを提示すると、

一旦、クレジットカード会社が加盟店への支払を肩代わりし、

後でカードの使用者に請求する仕組みである。

カード会社の収益源2

クレジットカード


カード会社の収益源2

日本においては通常、店とカード会社は

「現金支払いとカード払いを差別しない」という契約を結んでいるため、

契約違反の店には気を付けたい。

海外においてはサーチャージとして法律で手数料の上乗せが認められている
国もある。

また、国内外を問わずサインをする前には、
伝票の金額をしっかり確認すること。

特にチップの習慣のない日本人は日本国外での飲食代は要注意である。

日本に於けるクレジットカードの法規制

日本に於けるクレジットカードの法規制

日本で発行されるクレジットカードは、2つに大きく大別する事が出来る。

ショッピング
支払が2ヶ月以上の期間に亙り且つ3回以上に分割する分割払又はリボルビング払は割賦販売法に定める「割賦購入あつせん」である為、この支払方法を提供するクレジットカード会社は同法に基づいて登録を受けなければならない(1回払(一括払)及び2回払は同法は適用されない)。

キャッシング・ローン、
銀行でない者が行う場合は貸金業の規制等に関する法律に基づいて登録を受けなければならない(銀行が行う場合は銀行業の免許で足りる)。

クレジットカードに関する注意点4

クレジットカードに関する注意点
財布に殆ど現金を入れておく必要のない、便利なクレジットカードではあるが、いくつか注意すべき点も存在する。


明細書等の悪用

近年は取引明細に、カード番号が印刷されないもの、あるいは伏せ字で印刷される物が殆どだが、一昔前はカード番号がそのまま印刷されてしまう物が多かった為、その番号と名義を悪用して、カード本体の必要のない、
オンライン取引などで不正にカードを利用される危険性があった。

しかし近年では、安全の為にカード番号のみではなく、
カードに別に印刷されているセキュリティコードの入力が必要になっている、
オンライン取引なども増加している。

この悪用を予防するには、明細書を安全に処分、
もしくは保管するのが一番である。

クレジットカード主なハウスカード

現存する主なハウスカード


括弧内は、ハウスカードを発行するクレジットカード会社を示す。

伊勢丹アイカード (株式会社伊勢丹アイカード)

ローソンパス(ハウス) (株式会社ローソン・シーエス・カード)

日産カード(ハウスカード) (株式会社日産フィナンシャルサービス)

コスモ・ザ・カード(ハウス) (コスモ石油株式会社・株式会社セントラル                ファイナンス)

京王パスポートカード (株式会社京王パスポートクラブ)

東武カード (株式会社東武カードビジネス)

NICOSカード (UFJニコス株式会社、青森日本信販株式会社、
       秋田日本信販株式会社、山形日本信販株式会社、
       日本信販岐阜株式会社、西日本信販株式会社又は
       南日本信販株式会社)


次のカードは、新規の募集を行っていない。

OPクレジット ハウス (小田急電鉄株式会社・株式会社ジェーシービー)

JALカード (株式会社ジャルカード)

クレジットカード、消費者金融(旧レイク)GEコンシューマー・ファイナンス

クレジットカード

消費者金融(旧レイク)GEコンシューマー・ファイナンス

1994年に、アメリカのGEの金融部門子会社・GEキャピタルの100%子会社としてゲートファイナンス株式会社が事業を開始(1995年12月にゼネラル・エレクトリック・キャピタル・コンシューマー・ファイナンス株式会社に社名変更)。経営の悪化した金融業者の営業権を次々と譲り受けて拡大。

1994年12月 ミネペア信販株式会社の個品割賊部門、株式会社エヌシーカード仙台のカード部門の営業を譲受
1996年2月 新京都信販株式会社のクレジットカード部門・信販部門の営業譲受
1998年1月 幸福銀行グループだったコーエークレジット株式会社を買収
1998年11月 株式会社レイク(1964年設立)の消費者金融事業の営業譲受
2002年7月 株式会社カワイアシスト(河合楽器製作所の子会社)の個品割賊斡旋部門の営業譲受
2003年8月 プロミス株式会社の子会社だったジーシー株式会社を買収
2004年6月 ジーシー株式会社のクレジットカード事業、ローン事業、信販事業の営業譲受
2006年10月20日 貸金業規制法に抵触する請求を行ったことが判り(債務者からの依頼を見落とし勤務先に電話をした)、金融庁から11月13日から11月17日までの5日間業務停止命令(東京と大阪の電話サービスセンターが対象)を受けた。
1998年のコーエークレジット買収、レイクの営業譲受より、本格的に消費者金融に参入。2003年にはプロミス系のクレジットカード会社であるジーシー株式会社(GCカード)を買収し、翌2004年にはプロミスJCBカードを除くジーシーのクレジットカード事業を本体に統合するなど、消費者金融・クレジットカードの両面で積極的な事業展開を行っている。2005年からはJリーグのオフィシャルスポンサーになっている。続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。