クレジットカード歴史を学ぶ

クレジットカード

歴史

アメリカ合衆国でも50年、日本で40年程度の歴史で比較的浅い。

が、アメリカでは高額紙幣の信用が低く使いにくいこと
(、100ドル札が偽造される事が多い )

社会生活に必要不可欠なクレジットヒストリーを構築する手段や、

使用者自身の信用を証明する手段としてクレジットカードが最も一般的であること、
日常的な消費に当たりごく少額の支払いであってもクレジットカードによる支払ができる等の理由により、クレジットカードの保持及び使用はごく一般的であり、極めて重要なものとなっている。

また、
日本でも最近では海外旅行の増加やネットワークの発達とともに
急速に重要性を強めつつある。

クレジットカード歴史、アメリカ

クレジットカード

アメリカ


1950年 - 最初のクレジットカード「ダイナース」がアメリカで設立。

1958年 - アメリカンエクスプレス(Amex)、バンク・オブ・アメリカカード
     (VISAの前身)設立。

1966年 - インターバンクカード(マスターカードの前身)設立

1985年 - ディスカバーカード設立。

クレジットカード歴史、日本

クレジットカード

日本

1960年 -
富士銀行(現 みずほ銀行)と日本交通公社(現 JTB)との合弁で
日本ダイナースクラブ(現 シティーカードジャパン)を設立。


同年
丸井が日本初のクレジットカード(その後「赤いカード」の愛称が付く。
2006年春から「エポスカード」に変更)を発行、
割賦や月賦と言われていたのをクレジットと称したのはこれが初。


1961年 -
三和銀行(現 三菱東京UFJ銀行)と日本信販、
日本クレジットビューロー(現 JCB)を設立


1963年 -
日本ダイナースクラブがカードを発行、手帳形状をした紙の
カードであった。


1966年 -
日本信販(現 UFJニコス)がクレジットカードを発行。

1967年 -
三菱銀行(現 三菱東京UFJ銀行)が中心にダイヤモンドクレジット
(DC・現 ディーシーカード)、
住友銀行(現 三井住友銀行)が中心に住友クレジットサービス(現 三井住友カード)を設立。
JCBがアメックスと提携し国際カード発行。

1968年 -
東海銀行(現 三菱東京UFJ銀行)が中心にミリオンカードサービス(MC・現 UFJニコス)設立。住友クレジットサービス(VISAジャパングループ)がVISAの国際カード発行。


1969年 -
第一銀行・富士銀行(現 みずほ銀行)や三井銀行・太陽銀行・神戸銀行(現 三井住友銀行)、大和銀行・埼玉銀行(現 りそな銀行・埼玉りそな銀行)などが連合を組み、ユニオンクレジット(UC・現 ユーシーカード)設立。オリエントコーポレーション、セントラルファイナンス、国内信販(現 楽天KC)がクレジットカードを発行。

1970年 -
DCカードがMasterカードと提携し国際カードを発行。ジャックスがクレジットカードを発行。
※その後、銀行系・信販系クレジットカードの発行が続く。

1980年 -
アメリカンエキスプレス(Amex)が日本でカードを発行。

1987年 -
日本信販がスペシャルライセンシー権にてVISAカードを発行しMasterとのデュアル発行を果たす。
この後、他の信販系・流通系カードが同様にVISA・Masterのデュアル発行をする。

1989年 -
オムニカード協会設立。ビザジャパングループ(現・VJA)がMasterとのデュアル発行を果たす。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。