クレジットカード、消費者金融アイフル5

クレジットカード

消費者金融アイフル5

取り立てなどに関する問題

消費者金融大手であるアイフルの強引な営業活動や、
厳しい取り立てなどが違法だと社会問題視され、


2005年4月16日、「アイフル被害対策全国会議」が被害者や弁護士・司法書士を中心に結成され、同会議が金融庁に意見書を提出。

金融庁と財務省近畿財務局も6月頃からこの問題を調査していたが、
2006年4月14日、およそ1900あるアイフル全店舗(無人店舗も含む)に対して業務停止命令を出した。

業務停止の期間は、5月8日からで、特に違法とされた五稜郭店(北海道函館市)・西日本管理センター3係(滋賀県草津市)・新居浜店(愛媛県新居浜市)が6月1日までの25日間、諫早店(長崎県諫早市)・コンタクトセンター福岡カウンセリングセンター九州(福岡県福岡市)が5月27日までの20日間、残りの全店舗が5月10日までの3日間。

金融庁はこの命令について、「法令に基づき対処した」とコメントしている。アイフルは記者会見で「早期の信頼回復に努めたい」と、CM・新聞・雑誌広告や街頭でのポケットティッシュの配布などを2ヶ月間自粛する意向を示した。

一部の店だけに限らず全ての店舗が業務停止命令の対象となったのは、

2005年11月25日の事業者金融(商工ローン)

最大手のSFCG(旧商工ファンド)以来で、消費者金融大手では初である。
クレジットカード

1967年4月 - 福田吉孝が個人経営として消費者金融業を創業。
1978年2月 - (株)丸高を、京都市左京区に資本金900万円で設立。
1982年5月 - (株)丸高が(株)大朝・(株)山勝産業・(株)丸東を吸収合併、資本金が5億円になり、アイフル株式会社に商号を変える。
1997年7月30日 - 日本証券業協会に株式を店頭登録。
1998年10月1日 - 東京証券取引所市場第二部・大阪証券取引所市場第二部・京都証券取引所に上場。
2000年3月1日 - 東京証券取引所市場第一部・大阪証券取引所市場第一部に指定。
2003年1月21日 - 日本経済団体連合会(経団連)に加盟。
2005年4月16日 - 「アイフル被害対策全国会議」が、被害者の会や弁護士・司法書士を中心に結成される。
2005年4月18日 - 同会議代表の弁護士が財務省近畿財務局長へ、アイフルに行政処分をするよう申し立てる。
2005年9月16日 - 同会議が新聞・民放各社へ、アイフルの広告の掲載・放送を中止するよう申し立てる。
2006年4月14日 - 財務省近畿財務局長から、全店舗の業務停止命令を受ける。2ヶ月間、CMの放送などを自粛。

関連項目
ビーコン・コミュニケーションズ - 広告代理店
ホリプロ - CM制作会社
ザ・ゴルフトーナメントin御前崎
posted by credpointgenkin3158 | Comment(0) | TrackBack(0) | 消費者金融とは
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。