クレジットカード、消費者金融7

クレジットカード


消費者金融7



歴史と問題点

厳しい取り立ては違法な手段
(脅迫罪・強要罪・住居侵入罪・不退去罪・業務妨害罪等の刑法上の犯罪が成立することもある)を伴うことも多く、

当事者・関係者に多大な苦痛を与える点で問題があるが、

専門家(弁護士・認定司法書士等)の介入があった場合は、
貸金業の規制等に関する法律第21条6項の規定により貸金業者が債務者に接触することは原則としてできなくなる。


なお、

最近では店舗や無人契約機での申し込みは減少し、

インターネット経由で申し込みをして審査を一通り終わらせ、

最寄の無人契約機でキャッシングカードを受け取りに行くという
ケースが増加している。

また、
最近さかんに宣伝されている「おまとめローン」には次のような問題がある。まとめる前に任意整理などを行えばできたかもしれない

引きなおしによる債務の減額」ができなくなる。
したがって実質的に債務が増えてしまうことがある。


特に過払いの場合は

「もともと存在しなかった債務」をあらためて

背負うことになる。
posted by credpointgenkin3158 | Comment(0) | TrackBack(0) | 消費者金融とは
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。