クレジットカード、消費者金融2

クレジットカード

消費者金融2


歴史と問題点

消費者金融が特に成長してきたのは1990年代初頭の、
いわゆるバブル経済崩壊以降である。

バブル崩壊によって経済的に苦しい消費者家庭が増加したことに加え、
それまで深夜帯に限られていたテレビコマーシャルがゴールデンタイムなど、それ以外の時間帯でも解禁(1995年)され、

更に消費者金融が特に成長してきたのは1990年代初頭の、いわゆるバブル経済崩壊以降である。バブル崩壊によって経済的に苦しい消費者家庭が増加したことに加え、それまで深夜帯に限られていたテレビコマーシャルがゴールデンタイムなど、それ以外の時間帯でも解禁(1995年)され、更に自動契約機の導入(1993年以降)などの追い風を受けて、消費者金融は業界をあげて、それまでの暗い「サラ金」「街金」のイメージの払拭に努めた。その結果、駅前の雑居ビルの狭い店鋪で担当者と向き合って融資を申し込むといった旧来の形だけではなく、郊外の国道沿いに設置された自動契約機(裏に人がいることもあり、断り無く写真撮影される)へ契約申込をする
利用者も増加した。

また、
「女性専用ダイヤル」と称して、女性スタッフとの電話で振り込むという、
そばに男性がいても「女性対女性」をうたい、
女性が安心して融資を受けられると錯覚する環境を作る会社も増加した。

この勢いで、大手業者には株式を公開(上場)する会社も現れた。
株式を公開(上場)することによって、経営者一族が莫大な富を得た例も知られている。
posted by credpointgenkin3158 | Comment(0) | 消費者金融とは
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。