クレジットカード、消費者金融1

クレジットカード

消費者金融1


歴史と問題点


高い金利を特徴とする事から、「高利貸し」とも呼ばれる。

このため、英語圏国家では俗に「loan shark」(借金の鮫)と呼ばれる

(英米におけるそれらの企業の金利は日本のものに比べて10%-20%以上高い)。

1970年代頃は、サラリーマンを対象にした業者が多いとして「サラ金」(さらきん、「サラリーマン金融」の略語)、
あるいは市街地(街中)に営業所があることから「街金」(まちきん)
と呼ばれていたが、

女性(OLや主婦)や自営業者などの契約も多いとして、

1980年代頃からは「消費者金融」の名称がよく使用されるようになった。

その背景には、過剰な融資や高金利、過酷な取り立てにより、

「サラ金地獄」という言葉がたびたび使われるようになって、

「サラ金」のイメージが著しく悪くなったことから、
業界が新たな名称として「消費者金融」の使用を押し進めたこともある。

また、高金利で融資することで、消費者金融会社が過大な利益をあげ
経営者が巨億の富を蓄積していることも多々ある。

なお、
「サラ金」の呼称以前に1960年代頃は「団地金融」や「勤人信用貸」

(つとめびとしんようがし)という呼び方もあった
posted by credpointgenkin3158 | Comment(0) | TrackBack(0) | 消費者金融とは
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。