クレジットカードサラ金カード

クレジットカード

サラ金カード

サラ金カード(さらきんかーど)とは、

ここでは「消費者金融」(通称「サラ金」)に分類されている会社が、
その利用客に発行している融資カードのことを指す。

1970年に銀行等でCDの設置が浸透し始めたことから、

同時期にマルイト(現アコム)や
信販会社(→ローンカード)が、1980年代には専業会社が次々にCDの設置
とキャッシングカード開始した。

これにより、借入の都度店頭窓口に出向く手間が省けるようになる他、
1990年代に登場した自動契約機とCD・返済も受け付けるATMとの2点セットで、
消費者金融全体の無人店舗の大量出店にも繋ることとなる。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。