クレジットカード、電子マネー

電子マネー

電子マネー(でんしまねー)とは、貨幣価値の交換(決済)をコンピュータ上で実現する技術・規格・実装の総称である。

従来から、銀行振り込みやクレジットカードによる決済システムは
オンライン化が進められてきており、電子的な決済手段というものがなかったわけではない。

しかし、

1980年代前半に提案があり、
1990年代後半から一般に提唱されてきた
電子マネーはこれらとは異なるもので、従来の決済方法の欠点を解消し、

インターネット時代に対応可能な技術を指す。

従来の決済手段としては、

クレジットカードは小売店で使用できるものの、
百貨店や大型スーパーなど一部に限られ、
使用時に署名も必要であるなど煩雑だった。

また、
インターネットショッピングではカード番号をネットワーク越しに
販売業者に渡す必要があり、盗聴されたり販売業者によって不正使用されたりする危険性がある。

振り込みは、口座番号のみで不正使用される恐れは少ないものの、
小売店では使用できない上、売買の際に振り込み確認の段階が必要で
より煩雑。などの欠点があった。

これらを解消し、
ネット上でも日常でも小銭入れ代わりに使用できるような決済手段、

すなわち貨幣価値の移動を消費者側から提供者側へ「その場で」

「簡便な操作で」「電子的に」完結することを目指したものが

電子マネーであるといえる。

具体的には、ICカードを利用して暗号技術を駆使することで、

貨幣価値の捏造・偽造、複製、窃盗を防止したものである。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。