2005年のアメリカ、カード情報流出騒ぎ

2005年のアメリカにおけるカード情報流出騒ぎ


VisaやMasterがデータ処理を委託(アウトソーシング)していたアリゾナ州のデータ処理会社CardSystemsから約4000万件のカード情報が外部に流出した
問題が2005年6月18日に発覚、

両社と提携している日本のカードでも流出データが発生し、
流出情報を基にしたカードの不正使用も発生し、
被害が出ている。影響はVisaやMasterに限らず、日本のJCBも情報流出、不正使用があった可能性があると発表され、これらのカード被害が世界中に広まっていることが分かった。

この問題の原因は、本来ならカード会社が「保存してはいけないデータ」をデータ処理会社が保存していたことにあるとされ、
そのデータをクラッキングされて流出したことが分かっている。

利用者側からの方策としては毎月の利用明細書をきちんと照合し、万一不正利用があった場合にはカード会社に申し出ることが必要となる
(不正利用と認められれば代金は請求されない)。
紛失の場合と同様に新たな番号のカードへ切り替え再発行の依頼も検討する。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。